運転手さん同士が見せてくれる挨拶が好きです

こまかい話ですが、バスがすれ違う際の運転手さん同士の挨拶が好きです。人によって片手を上げたり頭を下げたり、軽くクラクションを鳴らしたり。いろいろなんですよね。それを見るたび、微笑ましい気持ちになっています。

ただ危ないから、片手を上げるのを禁止しているバス会社もあります。そういう時は会釈だけになるのですが、やはり癖なのでしょうね。つい片手を上げてしまう人もいます。その後の苦笑いも好きですね。わたしは挨拶のために片手を上げるぐらい良いと思うんですけどね。

バスだけじゃなく、自家用車同士の挨拶も好きです。ライトをチカッと照らしたり、ハザードランプを点灯させたり。本当はやっちゃ駄目みたいですが、そういう文化があっても良いですよね。危険運転をしているわけじゃないので、警察もおおめに見てくれるでしょう。

譲り合いの精神は大切ですよね。車にしろ歩行者にしろ、そして自転車にしろ、お互いに譲り合うことは必要です。もちろん無理して譲る必要はありませんよ。余裕がある時に譲ってあげて、譲ってもらえたら感謝する。これだけで良いんです。