ローソン、画期的ですね。すっかりローソンばかりです

ローソンのパンは他のコンビニとはちょっと違った方向性ですよね。例えば、私が好きでよく買うのが「チーズとハムのロール2個入り」というパンです。小さな円形のパンで、2口ぐらいで食べれてしまう大きさで、いい具合にチーズが効いて、それをハムが物足りなさを補っていて、平凡で地味だけど飽きないという感じですね。だけどちょっと凝らしてることがあるんですね、これ。なんと鮮度保持剤という小さなものが入っているんです。菓子パンでこういうのは珍しいです。それだけ、保存料などの添加物をなくして、無添加をアピールしてるんでしょうね。「人工甘味料不使用」と表示されています。てことは、他のパンって人工甘味料が入っていたの?って感じですよね。しかし、裏を見たら着色料も発色剤も香料も入っているんですね。なんか中途半端ですね。まあいいとして。結構、ローソンはクッキーでもこういった感じのが売られていて、画期的なことをしてますよね。最近は。

最近忘れ物で悩んである。くたびれると出来事をとことん置き忘れるみたいです。

今どきうっかりわすれが心から恐ろしいんです。通称健忘症なのでしょうか。健忘症とは一気にものを置き忘れる事業らしいのですが、あとはその徴候として忘れものをする前に二つの事を一気に練り上げるか、もしくは着想と一括事柄を決めるとやるんです。通称交信するときに手足が一緒に来るような感じですね。どうしてこんなにも忘れ物をしてしまうのかと腹立たしくなる時もあります。ほんとに腹立たしくなるのは駅舎までの道のりをJRに間に合うように急いでいる時に途中で急に忘れ物を思い出して悔しくなります。それも断じて駅舎までの中間くらいの行程で思い起こすので戻ればJRに遅れるし、戻らなかったらJRに間にあう行程なのです。そういった時は涙も起きるくらいに腹立たしくなります。原則職務に間に合うようにJRを優先するのですが。最近では忘れ物制限で店にスペアを用意しています。そうすると忘れ物をした段階でも店にスペアを置いていれば職務にも都合がつくのでいいです。一番の困ったことはネクタイを締め忘れて住居を出たときなどにJRの便所の中で鏡の事前で気づいてどこかにネクタイを置き忘れたのかと気になることですね。それがベスト窮する感じで忘れ物調べるために個々住居にまで電話をして探してもらう事態に遭遇します。上徴候として高血圧だと忘れ物をすることが多くなりますね