資本ポリシー世間と資本ポリシー景気の持ち味について

資本スタンス景気について実習しました。資本スタンス景気とは、封建人前悲劇後の18世紀後、英国の産業レボリューションを通じて固定しました。16世紀以降の強要スタンス世の中の下では、世の中の金額の積み重ねが貿易の値鞘によってのみ受け取れるとする重商スタンスの教えにもとづき、輸出を促進するための国内産業ヘルプ施策がとられました。一方で、この時期にはグラウンド囲い込みによってグラウンドから追い出された農民がOLとなり、ブランク人材が存在していました。資本スタンス景気の第はじめの習性は、生産コツの私有だ。第二の習性は、業界景気における自由戦いだ。財貨・アシストの生産実行は、自由戦いを原則として営まれます。資本スタンス景気における自由戦いの強みを説いたのは、アダム=スミスだ。アダム・スミスは「諸国民の金額(国富論)」(1776クラス)において、重商スタンス施策を評論しそれぞれが自由な景気実行をおこなえば、神の「思えざるアーム」によって人前の和が生まれると説きました。これを勉強して、アダム・スミスの要所以外は覚えてなかったので勉強して良かったです。