日本の大物級投手の2016カテゴリーの主役での成績

今年は、マスリーグに前田健太投手が移籍し、日本の切り札級の投手が一切米に。日本の球界は寂しくなりましたが、アメリカのマスリーグでどれだけ活躍できるのかは、非常に楽しみになりましたね。やがて、マスでも初期戦が終わりますが、先発投手として活躍する選手らの奮闘を見ていきましょう。今季、なんとか参戦した前田健太投手は、7勝6敗とちょい物足りないかなと思うのですが、通年目線でこれだけ、先発流れを守っているのはエラい奮闘ですね。次に、田中投手去年、施術を行い、依然として確かではないでしょうが、敢然と6勝4敗で本業を行っていると言えるでしょう。同じく外傷から引き返したダルビッシュ投手は、ちょっと外傷の結果もあり、しげしげとリハビリが絶対かもしれませんね。そして、何通年も安定しているのが岩隈投手。何気に9勝6敗。今年も15勝以上は固いですね。これだけ安定しているとローテからも外せないし、期待されるでしょう。引き続き、後半戦も楽しみですね。